人生儀礼

戻る Home

人生儀礼

人生の節目に行われる日本古来の伝統行事

帯祝い

胎児の無事と成長、そして安産を祈る儀礼です。主として妊娠5ヶ月目頃の戌(いぬ)の日にさらし木綿を長さ7尺5寸3分(七五三にちなむ)に断ち下腹に巻きます。
戌の日に行うのは、犬が安産であるとされている事から、それにあやかるためです。

お七夜

生後7日目のお祝いで、生まれた子に名を付け、社会の一員として仲間入りしたことを認めてもらう儀式です。
古く日本では、誕生間もない新生児の生命は、産神(うぶがみ)の保護下にあると信じられていました。
産後すぐに死亡してしまうことが多く、したがって、お七夜はその成長を確かめる大切な折り目でもありました。
子に名が付けられるのは、人間として存在できるようになったことを意味します。
産神は「うぶのかみ」ともいい、出産の前後を通して、妊婦や新生児を見守ってくれると信じられている神です。
また、お七夜は父親の産の忌みが明ける日でもあります。
名付けは、一般にはお七夜に行われます。
役場への出生届は戸籍法に基づき、生後3日目から14日までに済ませなければなりません。
同時に、名前も届け出ることになっています。
名前が決まると、名付け親は奉書などの白い紙に清書し、神棚に供えたり、床の間に貼っておく風習があります。

初宮詣で

子供が生まれて、初めて氏神様に参詣し、子供の長寿と健康を祈る行事です。
一般的には、男子31日目、女子33日目に行うのが通例(地方によって違いがあります)ですが、百日詣り(ももかまいり)と言って100日目に参拝する事もあります。つかさどる神様をまつり、安全を願するまつりです。

七五三詣で

子供の無事な発育を喜び、なお一層の成長を願って、その年の子に晴着を着せ氏神さまに詣でる行事です。
古来は男女3歳で髪置きの祝い、男児5歳で袴着の祝い、女児7歳で帯解きの祝いを行ったことに由来します。
11月15日を中心に神社へ参拝します