北野神社
検索
カレンダー
2010年10月
« 9月   11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
カテゴリー
メタ情報

Archive for 10月 29th, 2010

教育勅語120年

2010年 10月 29日

120年前の明日、10月30日、明治天皇が国民に向け発せられた勅語あります。

「教育二関スル勅語」いわゆる教育勅語です。発せられた当時、明治という時代は、

西洋の物や、考え方が日本に急激に入ってきて、道徳観や価値観に多くの混乱が

生じていた時代でした。そうした状況に、日本の歴史や文化を踏まえたうえで、特定

の宗教や思想に偏らない教育の指針が必要という事で、明治天皇のお考えの下、

多くの人が知恵を寄せ合って作成されたのが教育勅語です。

戦前までは教育全般の規範とされ丁重に扱われておりました。

教育勅語に記される12の徳目は

1.親や祖先を敬いましょう

2.兄弟・姉妹は仲良くしましょう

3.夫婦はいつも仲むつまじくしましょう

4.友だちはお互いに信じあいましょう

5.自分の言動をつつしみましょう

6.全ての人に愛の手をさしのべましょう

7.勉学に励み職業を身につけましょう

8.知識を養い才能を伸ばしましょう

9.人格の向上につとめましょう

10.広く世の人々や社会のためになる仕事に励みましょう

11.法律や規則を守り社会の秩序に従いましょう

12.正しい勇気をもって国のため真心を尽くしましょう

どうでしょう?実に当たり前のことだとは思いませんか?この教育勅語が進駐軍に

よる戦後処理の過程の中で排除され、さらに負のイメージを植えつけられ、現在に

及んでいます。教育勅語イコール軍国主義に連鎖させる方も多いのではないかと思います。

さて、現代社会を振り返ってみましょう。今の日本が抱える様々な諸問題。その問題

の多くの要因が、教育によるものだと、大部分の国民はもう気付いているのではない

でしょうか。そして、その解決策もまた、教育にあることも気付いているのではないでしょうか。

教育は国家百年の計といわれますが、当たり前の事が当たり前に教育されない今、

まさに「教育勅語」を見直すべき時ではないでしょうか?

失いつつある日本人の「精神」がそこにあります。

教育勅語の原文です。ご参考までに。