今日は日曜日です。天気もよく爽やかな一日でした。10月末から11月の土日は七五三のお子さん方が

お参りになられます。紅葉はまだ先のようですが、綺麗な衣装を身を包んだ小さな体が境内所狭しと在る

光景は、まさに錦秋の中に身を置く如きよう。少子化で随分七五三の方々のお参りは減りましたが、それ

でもこの様子は心和やかになり思わず笑みを浮かべている事に気付きます。子供は宝、そして希望。子供

たちの健やかな成長と、その明るい未来を願わずにはいられません。

さて、昨日の話で恐縮です。昨日は宮城県神社庁で「国旗のある自由画コンクール」表彰式があり、小職が

宮司代理として参加してまいりました。応募総数365点の中から、特選、準特選を含む20点が入選し、幼

稚園児から小学6年生までの該当者が、ご家族と共に県内各地から来庁され、晴れの舞台で表彰状や記

念品が伝達されました。当社氏子区域内にある葦の芽幼稚園さんからも年長さんのお子さん方が応募され、

めでたく2点入選されました。私事で恐縮ですが、私の次男と同年で、親しくさせて頂いているお子さん方で

す。実に堂々と立派に表彰を受ける様子は、絵もさる事ながら素晴らしかったと思います。

こういった事から自分の国に対して、国旗や国歌に対して、親しみを持って頂けたら良いと感じます。因みに

特選と準特選の4点は全国の選考会に臨みます。良い作品だと思うので、そちらでも良い成績がとれればと

願います。入選作品は近いうちに宮城県神社庁のホームページに掲載されると思います。