いやーお暑うございます。東北も梅雨明けが発表されてから連日猛暑続きです。

最近の夏の暑さは生命の危険を感じさせます。皆さん熱中症には気をつけましょう。

さて、昨日は土用の丑の日、例年の如く妻のおまじない「紫陽花つるし」を行い、最近

絶滅の危機とされるウナギ、高価なので家族で少しずつ頂きました。

昨日仙台市泉区の先輩神主さん、Iさんから電話をいただき、Iさんお知り合いの東京、

神田明神の神主さんより、当社宮司の奉務社、紫神社の事を尋ねられたとの事です。

伺えば、お知り合いの神主さんのお知り合い、渋谷区神宮前でてんぷら屋さんを営ん

でおられる松林さんのご主人(齢80歳を超えるお方とか)が気仙沼のおそらく南町、魚

町あたりのご出身で、紫神社や近隣が震災後どうなったか心配されていらっしゃるとの

事。Iさんには電話で近況はお知らせしましたが、何時頃まで気仙沼にいらっしゃったの

か、是非写真でもと思い、朝、日供祭を奉仕した後、紫神社に行ってきました。

紫神社の写真を載せるのは初めてでしょうか。

   

震災当時、紫神社には多くの方が避難し、昨年11月まで避難所となっておりました。

境内からの眺めは鉄筋作りの建物が残ったため一見普通に見えますが、下に降りて見

ると大変な被害です。

Iさんお知り合いの神田明神の神主さんが早速写真を届けてくださったとの事です。当方の

差し出がましさに、お手間を取らせてしまったと申し訳なく感じています。

80歳を超えられる松林さんがお育ちになった頃は、町並みも全然違うでしょうが、それでも

神社と神社から眺める町並みの位置関係はお分かりになるかなあと存じます。

上京の折に天ぷら松林さん、伺ってみようと思います。