北野神社
検索
カレンダー
2019年12月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
カテゴリー
メタ情報

んん・・・・。

2011年 8月 3日 Author: 北野神社

                                      

先日被災した神棚について、皆様が悩まれていることに気づいたと日記で書きました。

何か策を講じなければ、と思っていましたが、他の神社さんにも影響を及ぼす事もあろう

かと思い、支部に確認を取り、許可をもらって被災神棚を神社にお納め下さいという旨の

新聞広告を掲載いたしました。朝から早速電話があり、数件の神棚が納められました。

今までお守りいただいて本当に有難うございました、と深々と頭を下げられた姿がとても

印象的で、常時にあっても、災害時であっても日本人の自然観と神観念は健全として在

ると深く感じました。

伊勢神宮より小型の神棚が贈られ、仮設住宅を訪問しお頒ちしている活動、以前にも紹

介しましたが、賃貸や受けそびれた方々に対応する為、神社でも随時頒布を行っており

ます。宮司が鳥居のところに掲げた看板がこちらです。

              

看板には「東日本大震災お見舞い申し上げます。被災された皆様に伊勢神宮より小型

神棚を差し上げます。社務所にてお受け下さい」と書かれています。通常神社(神様)か

らの御品は授与とか頒布などの言葉が使われますが、宮司が使った言葉はさし上げ

る、 「与える」「やる」の意の謙譲語で、その相手を敬う言葉になります。通常は神(今回

は伊勢神宮)から人に与えるのに、へりくだった謙譲語を使うべきではないのでしょう

が、出来るだけわかり易く、そして何より被災者の心情を想う対処だったのかと感じてい

ます。

そこに今日の午後一本の匿名電話が来ました。看板の表現が悪いと言うお叱りの電話

でした。差し上げるとは如何なものか、と言う話だったので、最初は神様からお受けする

のに対し、神社が差し上げるとはどんなものか、という事かと思いましたらどうも違うよう

です。このようなお叱りをいただきました。

「神仏を祀っていてもこのような災害に襲われる。ご利益もあったものではない。被災者

は皆そう感じているのに、更に小型の神棚を配ろうとする。だったらせめて「差し上げる」

ではなく、「貰って下さい」ではないか。そちらの神社は津波の被害が無かったから、解

らないだろうが、被災者の心情を想うなら上から目線の言葉ではなく、下から目線の言

葉を使うべきではないか」

との事でありました。畏くも伊勢神宮からの思し召しを「貰って下さい」とは我々の立場で

到底言える言葉ではありませんが、津波の被害を受けていないと言われれば確かにそ

うですし、被災された方に不快感を与えた事も事実で、そこに理論を振りかざすと言うの

も被災地の神社としてどうなのかと思い、素直にご指摘有難うございますと電話を切り、

看板をとりあえず撤去しました。

大きな自然の力、津波で車を流され、再度購入し大きな存在(神)に無事安全を祈る

方々多くいらっしゃいました。そして、先に申しました、津波に家屋を流されながらも、今

までお守りいただいて有難うございますと深々と頭を下げる方々もいらしゃいました。

一方で、神の無力を悟り、お控えなされと仰る方もいる。この未曾有の大災害時、様々

な面で気を配らなければならないのは確かなことで、我々神主も常時災害時に拘わら

ず、当然威張るべきものではありませんが、ただ神様だけは畏く尊い存在であるという

鉄則は、どんな時であろうと曲げてはならないのであろうと思います。

被災者の心に寄り添い、心の復興、街の復興を日々祈り続けていますが、今日はあま

りにも相対的な出来事があったので、悩める部分もあり、とりとめの無い日記になってし

まいました。スミマセン

日本を衛ってくれる方々

2011年 8月 1日 Author: 北野神社

今日から8月です。今年は何かしら慌しさの中に月日が過ぎてゆく感じがします。ここ数日雨模様で、

涼しいながらも、今ヒグラシの声に夏の情緒を感じながら日記を書いています。

今日町に出てみましたら、震災以来見慣れた車両の姿が見えなくなりました。震災直後、玩具の

様に壊れた街を見た時、これからどうしたら良いのか、不安に押しつぶされそうな時、全国よりすぐに

駆けつけてくれたあの色の車両を見たときは、すごく安心感を憶えたことを今でもはっきりと記憶してい

ます。以来連日の救助活動、行方不明者の捜索、瓦礫撤去、生活支援に献身的にあたって頂き、本

当に頭の下がる思いでした。

長男の小学校を拠点とした時は、先生もその活動の有り難さを生徒に話し、方々も小学生と気さくに

接してもらったようで、撤退する時長男は、寂しさに涙したとの事、人は支え支えられ生きている事を

はからずも教えていただきました。

その方々が新聞によると先月末で完全撤収したそうです。

彼らは文字通り、まさに国を衛ってくれる、救ってくれる、一つの希望ともいえる存在でありました。

「一日も早い復興と、市民に早く笑顔が戻ることを願っています」との言葉を残し、気仙沼をあとにされ

た皆様。その気持ちに応えられる様、踏ん張ってゆきたく思う月初めでした。

被災した神棚は?

2011年 7月 31日 Author: 北野神社

今日は7月31日、今日で7月も終わりです。今日も雨模様です。各地で記録的な豪雨、特に新潟県

は大変な被害が出たとの事、大変な事です。心よりお見舞い申し上げます。

さて、今日は気仙沼の先輩神主さんの奥様のご葬儀があり参列して来ました。奥様は震災の津波に

て行方不明であったわけですが、震災から4ヶ月以上経ち、ご先祖まつりの月を前に心の区切りをつけ

る為、ご葬儀を行いました。気仙沼ではまだ、行方不明でお姿を現していらっしゃらない方々も多いですが、

地元紙の黒枠では「心の区切り」として、ご葬儀を挙げられる方々が増えてきたようです。

ご家族の元に戻られる事を只管待ち続けながらも、一歩を踏み出すために「心の区切り」と決断を下す。

そのご心情を察するに本当に余りあるものがあります。今はお御霊の安らけき事、鎮魂を祈る他はあり

ません。

昨日お参りにお出でになった方に、被災した自宅を解体するのだけれど、神棚はどうしたら良いのでしょう?

と質問を受けました。ゴミに出すのは嫌だし、家屋と共に解体したとしても結局はゴミとなる。随分悩まれて

いたようです。神社で丁重に神事を行いお焚き上げさせて頂きます。どうぞお持ち下さいと答えました。今、

仮設住宅等に伊勢神宮よりの小型神棚を頒布していますが、当然被災した神棚は神社に納められるだろう

との勝手な思い込みがありました。我々神主の当然が全ての人の当然ではない。きっと多くの方々が悩ま

れている、小型神棚をお配りすると、皆さん深々と頭を下げてお受けになります。神仏を敬う心は失われては

おらず、その心は自宅と共に在る神棚(神様)にも向けられているのでした。その想いに対し、情報発信という

かケアが足りなかったと反省いたしました。気仙沼ではこれから被災家屋の解体が本格化します。何かしらの

方法で被災神棚の対応について情報を提供しなければなりません。先ずは天神山日記で周知いたします。

今までご家庭の心のより所、祈りの場であった神棚、被災によって対応にお悩みの際は、是非神社にお持ち

下さい。皆様の想いに沿うよう丁重に神事を行い、お焚き上げさせていただきます。よその神社さんでも対応し

ていただけると思いますが、焼納場所等の都合から、事前に電話等で確認された方が良いと思います。

小型神棚の頒布

2011年 7月 28日 Author: 北野神社

今日も暑いです。もうすぐ8月ですが、8月はお盆がありますので、皆さんご先祖供養に

忙しかろうということで、出来れば7月中に既設の仮設住宅の皆さんへ伊勢神宮より贈

られた小型神棚を頒布しようと、今神社庁気仙沼支部の神職が仮設住宅を訪問してお

ります。旧気仙沼地区の担当神社は当社と五十鈴神社さんで、26日、27日と既設の

仮設住宅5箇所にお邪魔させていただきました。仮設住宅内の集会所を頒布場所とし

てお借りし、事前にチラシをポスティングしておりましたので、我々がお邪魔するや、多く

の皆様が神棚を受けにお出でいただきました。心の安らぎを得て、家庭や地域を想いな

がら、絆を再確認する、そして故郷や夫々のご家庭の復旧復興への希望の祈りとなっ

ていただけたら良いなと思います。

津波によって全てが流失し、神社と氏子と言う関係性も、無くなった訳ではありません

が、かなり複雑になっているのは否めません。ですから今回の頒布活動も神社と氏子と

いう範疇でなしに、あくまで気仙沼支部として活動を行っております。今日は新月地区

五右衛門ヶ原公園200戸という件数でしたので、担当神社だけではなく支部の神職で

対応を行いました。

               

今後は8月に入らざるを得ませんが、新たな仮設住宅が完成し入居が完了し次第、順

次お邪魔させていただく予定です。お邪魔した際お留守で受けそびれたご家庭や、賃貸

住宅等に移住された皆様にもお頒けいたしますので、ご足労をおかけしますが、当社や

気仙沼市内各神社でお受け頂きたく思います。

                                                      

読売新聞に記事が載っていました。このように心のより所となって戴けたら嬉しいです。

ボランティア有難うございます。

2011年 7月 25日 Author: 北野神社

今日は明日からの仮設住宅への小型神棚頒布活動を前に、御札を納めたり、袋やチラ

シを準備する作業を行いました。旧気仙沼地区担当の当社と五十鈴神社さんで、とりあ

えず入居が完了した5ヶ所を明日、明後日の2日間で行う予定です。神棚を中心に家族

の絆や復興への希望につながってゆければ良いなと思います。

夕方に青森県神道青年会の皆さん、秋田県神道青年協議会の皆さんが御参りにお出

でくださいました。気仙沼のボランティアにお出でいただいたとの事、東北の他県の方々

もボランティア活動を行っていただいたようです。市民生活復興のためのボランティア、

本当にありがたい限りです。暑い中の作業、御疲れの事と思います。帰路のご無事をお

祈ります。

Page 50 of 75« First...102030...4849505152...6070...Last »