北野神社
検索
カレンダー
2019年12月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
カテゴリー
メタ情報

天神山の表参道

2011年 2月 27日 Author: 北野神社

昨日は神社庁で研修会があり、夕方からは地元の若い(と思われる、自己申告)神主さ

んで組織する修成会の新年会があり、楽しい一夜を過ごしました。ですから今日はちょ

っとゆっくりしたいと思う一方、大安吉日でしたからそうもいかず、身を清めてご奉仕させ

ていただきました。

お守りを受けられた方が、息を切らせて言いました。ここの境内まで車で来るにはどうす

れば良いのでしょうか?どうやら裏参道の入り口がわからず、階段数にして133段の表

参道を歩いてきたようです。そもそも神社は表参道からが本儀であり、趣を感じるにも良

いと思うのですが、車社会の今、お体の不自由な方の参拝を含めて、如何にアクセスが

良いかというのも、神社の条件になっているようです。先にも申し上げたように、苦労して

参拝する事に感慨もあるでしょうし、ご利益もその延長線にあるのかと思えば、少々複

雑な思いです。

さて、当社の表参道は参道の途中に汽車の線路が走るという、全国でも珍しい参道で

はないかと思います。昭和10年岩手県一ノ関から盛まで大船渡線が開業しました。

気仙沼駅から鹿折駅までの間、天神山を通ることになり、それに伴い、昭和9年に社殿

を後方に移動し、茅葺だった屋根が、現在の銅版葺きになりました。当時は当然蒸気機

関車で、火を用いるということから、火災予防の処置と聞いています。

線路は天神山のふもと部分をえぐりとる形で敷かれ、その上に参詣の為の橋が架けら

れました。橋は当時の国鉄が懸けましたので橋の骨組みは全部レールを用いて造られ

ています。非常に面白いので、お参りの際は注意深くご覧頂きたいと思います。

天神山は気仙沼の桜の名所として知られますが、知る人ぞ知る、隠れた景色として、橋

から眺める線路(汽車)と遠くの山々というのがあります。桜の季節は爛漫の桜を揺らし

ながら、汽車が走り抜けます。 以前テレビ局で取材に来たこともありました。地方の原

風景といった感じが好評を博しているようです。

天神山は春夏秋冬色々な景色が楽しめます。是非お散歩がてらお参りいただきたいと

思います。

  

皇居勤労奉仕

2011年 2月 24日 Author: 北野神社

4泊5日、神道政治連盟主催の皇室尊厳護持に関する研修会と皇居勤労奉仕から先ほ

ど帰ってきました。奉仕中は写真撮影がだめでしたので写真は撮れなく残念でしたが、

初めての非常に良い経験でありました。皇居や赤坂御所の清掃奉仕を行い、期間中、

畏くも天皇皇后両陛下、東宮御所では皇太子殿下からご会釈を賜りました。日程の都

合上、先に皇居に於いて両陛下からご会釈を頂戴しましたが、御車がお着きになり、先

に皇后様が御車をお降りになられると、天皇陛下のお出ましに、すぐ傍らで候されまし

た。その御姿を見ましたら急に空気が変わり、思わず頭を垂れる自分がいました。緊張

感を伴いながらも、何か温かみのある空気だったと感じています。天皇陛下は各団体長

にご下問になり、ことさら、この冬の豪雪で被害や生活に支障が出ていないかということ

をご心配なされていらっしゃいました。本当にわが国、民は陛下の深い祈りの下、守ら

れ生活しているのだと思いましたし、天皇をいただく日本の国柄を誇りに感じた瞬間でし

た。

さて、皇居勤労奉仕の歴史を宮内庁の方から教えていただきました。戦後甚大な被害

を受けた皇居復興の一助にならんと、40名ほどの青年有志が皇居坂下門に訪れたそう

です。申し出を受けた木下侍従長が快くそれを許可し皇居の復興に尽力したそうです。

彼らは地元からお米や味噌などを持参し、皇居に泊り込み奉仕したそうです。その事を

陛下にお伝えしましたら、昭和天皇は彼らに会おう御申し出になったそうです。彼らはま

さか陛下にお会いできるとは思わず、感慨ひとしおであったでしょう。それが皇居勤労奉

仕の始まりです。そして、その青年団はなんと我が宮城県の青年団でした。その事を宮

内庁の方はみんなの前で何度もお話しになりました。宮城県は私一人でしたが、宮城

の先人たちをとても誇りに思いました。

皇居ではほぼ一年中勤労奉仕を受け付けており、多くの団体が勤労奉仕に訪れていま

す。我々の期間中も、青森県の青年神職会、広島県の青年神職会、秋田県の農協関

係2団体、石川県の農協関係1団体が奉仕していました。なかでも東北の奉仕団体が

多かったと言うのは、宮城県が勤労奉仕の始まりと言うことから考えれば、良いことだと

思う一方、もちろん宮城県でも一般奉仕団体は沢山在るとは思うのですが、宮城の神職

界や、青年神職会に、そういった機運が些か足りないと言うのは、全国の青年神職会な

どが継続的に行っているだけに、奉仕団の歴史が歴史なだけに、少々残念に思いまし

た。

両陛下はご公務などがない限り、勤労奉仕団へのご会釈は非常に大事に考えておられ

るそうで、お休みになられたことはないそうです。今回も、お体の調子を見ておられる折

にも拘らずお出ましいただき、感無量です。宮内庁の方は、皇后様は雨の日も風の日も

雪の日も、必ず御車の窓を開けられ手をお振りになりますから、皆さんも手を振ってお送

りくださいと言われましたが、私は在り難さに、ただ頭を垂れることしか出来ませんでし

た。 とにかくとても良い思い出になりました。皇居奉仕団は15名以上で受付している

ので気軽に御申し込み下さいとの事。是非皆さんも機会があれば・・・。

梅の花

2011年 2月 20日 Author: 北野神社

             

梅は天神様の象徴的な花です。神紋も梅鉢です。今朝何気に梅の木の見たら、蕾がひ

とつだけ花開いてました。今年の初咲きになります。おそらく昨日の陽気で咲いたものと

思われます。

昨日は個人的に親しい来客が、嬉しい一報をもって来社しました。そして天神様といえ

ば、そろそろ受験シーズンでもあります。

皆それぞれ、心に希望という蕾を持っています。その蕾が綺麗な大輪の花を咲かせてく

れることを祈って止みません。  今年の一番梅を見てそんなことを思いました。

これから午後5時30分東京集合の会合に行ってきます。気仙沼を1時30分頃出発す

れば大丈夫でしょう。東京も近くなりました。東北新幹線はやぶさが本格デビューすれ

ばもっと早くなるでしょう。今回の出張は24日までです。行って来ます。

なかなか慣れません

2011年 2月 19日 Author: 北野神社

今日は大安吉日です。神社にもご祈祷の方がいらっしゃいます。

さて、今や空前のエコカーブーム。出る車種出る車種、みんなエコエコですね。これで地

球の温暖化防止につながれば良いですし、なんにしろお財布にもやさしい。ガソリンスタ

ンドさんとかは大変なのかもしれませんが、消費者にはいい事尽くめですね。

私のつたない記憶を辿ると、いわゆるハイブリット車が巷に見られるようになったのは、

やはりトヨタプリウスが登場してからだと思います。時代にして平成9年ころでしょうか。

それから初代ホンダインサイトや日産ティーノが発売されましたが、あまり売れ行きはよ

くなかったような気がします。

プリウスは初代から結構売れていたようですね。実際車のお祓いにもいらっしゃいまし

た。プリウスが来ると、ご祈祷の神主だけでいいはずなのに、珍しさに用も無いのに、境

内に出て行った記憶があります。当社では社殿でご祈祷をし、境内で車のお祓いをし、

お札お守りをお渡しし、それからお見送りするのですが、車に乗り込んでも一向にエンジ

ンがかからない。 こちらは、エッ!?キーの位置が解らないの?まさか故障?などと思

っていると、突然何事も無かったように音も無く走り去っていかれました。思いっきりズッ

コケタ記憶があります。 スゴイ!!と本当に未来を感じました。

それから10数年が経ち、今では色々なハイブリッドカーや電気自動車も登場し、街に出

ればそれらの車とすれ違わない日は無いくらい巷にあふれています。

今日も新型プリウスがお祓いに来ました。去年一番売れた車です。今では珍しさは無い

ものの、お見送りする際の何事も無くスーッ、は未だに慣れません。モータで走るにせよ

何か音の演出があってもいいかもしれませんね。

私菅原(章)権禰宜は、明日から24日まで神道政治連盟主催の皇居の勤労奉仕と皇

室に関する研修会があり上京します。東京は梅が咲いている模様。暖かいのでしょうね

祈年祭

2011年 2月 17日 Author: 北野神社

今日は祈年祭です。としごいの祭りとも言います。この日記でも再三書いてきましたが、

年とは御米のことであります。稲作が豊穣であることは、国の繁栄や民の豊かな暮らし

を意味します。ですから、農耕民族である日本において、春の豊穣を祈る祈年祭、秋の

豊穣を感謝する新嘗祭は古来より重要な御祭りとして、現在まで伝えられてきました。

神社本庁では御祭りの種類を大祭、中祭、小祭、雑祭とに分けていますが、祈年祭、新

嘗祭は例祭などとともに大祭に分類され、全国の神社で御祭りが行われています。神

道も稲作文化とは密接な関係を有していますので重要視されているのもわかります。

我が宮城県は稲作が盛んな地域でもあります。今年も神の恵みのもと、豊かな年であ

ればいいですね。

明日は朝から神社庁へ出張です。ちょっと風邪気味なので早く寝ましょ。

Page 60 of 75« First...102030...5859606162...70...Last »