北野神社
検索
カレンダー
2019年12月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
カテゴリー
メタ情報

建て方が始まり、そして女性の活躍

2013年 5月 27日 Author: 北野神社

DSC00297[1]  DSC00301[1]

神楽殿の建て方が始まりました。天気もよく小鳥のさえずりと共に槌音が天神山に

響き渡りました。私は上棟祭に向けての祭儀や直会の諸準備、打ち合わせ等々で忙

しい一日でした。宮司が折角任せてくれた斎主、滞りなくご奉仕すべく万全を期し

ましょう。これから祝詞も書かなければ・・・。

ところで明日のクレーン車のオペレーターは女性の方のようです。居合わせた建築会

社の社長さんに伺えば、建築現場でも女性が多く活躍されているそうです。

そこで社長さんから御相談を受けました。現場の管理者として女性が入社されたそう

です。当然管理者として現場で指揮を取るわけですが、当地方だけなのかどうか、昔

から上棟祭までは女性が建物の土台を跨ぐこと、即ち中に入ることが忌み嫌われます。

能力を持った女性が現場で力を発揮できる良い術がないものか?という内容でした。

そういう方を応援したいと思う一方で、古い習慣を守りたいと言う思いもあり、難しい

問題ゆえに即答は出来ませんでした。でもこれから益々いわゆる男社会と言われる場所

での女性の活躍が顕著になってゆくのでしょうから、避けては通れない課題であり、我

々としてもひとつの見解はもっておくべきでしょう。因みに気仙沼は漁師町ですので船

に女性を乗せる事や、たとえば漁師さんの家族の産忌なども忌み嫌われておりましたが

最近の進水式などを奉仕していますと、少なくとも式典などで女性が船に乗る事は多い

ように感じます。

 

羽田神社さんのお田植え祭

2013年 5月 26日 Author: 北野神社

地鎮祭のご奉仕を終え、そのまま羽田神社さんへと向かいました。

今日は羽田神社さんでお田植え祭が行われておりました。当地方で御神田でお田植え

祭を行っているのは羽田神社さんのみ、女房と子等を呼び一緒に奉拝いたしました。

毎日食べているお米がどのように作られ、どれだけの苦労があるのか、どれだけ在り

難い事なのか、そんな事を子等に感じてもらいたいと感じました。

お田植え祭を続けてゆく事は、神社さんはじめ氏子の皆さんには大変なことですが、

米と日本人の特殊な関係、民族性と言ってもいいでしょう、その認識と教化の為にも

実に大切なことです。TPPで日本の農業が変わりつつある今だからこそ尚更に・・・。

DSC_0135 DSC_0134

 

神楽殿兼祖霊殿の建築が始まりました

2013年 5月 25日 Author: 北野神社

DSC00293[1]

つつじの花が見頃になってきました。御英霊の周囲もツツジが綺麗です。

29日に神楽殿兼祖霊殿の上棟祭が斎行されますが、今日から足場が組まれ土台ひきが

始まりました。

DSC00290[1] DSC00292[1]

週明けから本格的な建て方が始まり、2日で基本骨格が出来上がるとの事、早いものです。

私に斎主をつとめよと宮司から命が下ったので、打ち合わせやら準備やらで少々忙しいです。

やはり一番はお天気が心配です。晴天祈願!!

研修仲間との再会

2013年 5月 24日 Author: 北野神社

全てのお仕事に当てはまりますが、私たち神職も、資格を得る時も勿論ですが、

得た後からが本当の意味での勉強です。

神社本庁では生涯研修として、様々な研修を行っておりますが、その多くが伊勢

の神宮道場というところで行われます。元神宮司庁舎だった建物はとても威厳に

満ち、そこでの規律正しい生活や、学びは自らの資質向上は勿論、初心に返ると

言いますか、ある意味リセットされるものでもあると思います。

その神宮道場の研修に私が参加したときに知り合ったお仲間で会が出来、年に一度

会合をもっています、今年は大分県大分市で開催され行ってまいりました。

DSC00238[1] DSC00239[1]

DSC00240[1]

福岡空港に着いて香椎宮さんをお参りしました。近々に勅祭(天皇陛下のお使い勅使

が参向され行われる祭り、勅祭が行われる神社は勅祭社といわれ全国に16社あり

ます)行われるということで、記念の諸行事が企画されているようです。

DSC00246[1] DSC00251[1]

DSC00248[1]

八幡宮の総本社、宇佐神宮におまいりしました。東北の八幡様は奥州征伐の前後に

勧請されたお社が多いかと思いますが、鎌倉の鶴岡八幡宮様は京都の岩清水八幡宮

様から勧請され、岩清水八幡宮様は「吾れ都近き男山の峯に移座して国家を鎮護せ

む」という託宣の元、宇佐神宮から勧請されました。

DSC00259[1] DSC00256[1]

DSC_0131

同窓の旧友が奉仕する豊前市、嘯吹八幡神社さんにお参りいたしました。とても由緒ある

お社です。こちらの宮司さんをお勤めの初山さんをはじめ、私どもの会には学生時代の旧友

が3人おられます。旧交をあたためあう非常に楽しい時間でした。嘯吹八幡神社さんでは特別

の計らいで同社に古くから伝わる山内神楽を奉拝いたしました。私も神楽を奉ずる身、非常に

興味深く拝見いたしました。

 

菅公夫人のお墓

2013年 5月 19日 Author: 北野神社

長く長く、それこそ1000年以上もの間、地元の人々によって大切に祀られ来た

ある方のお墓、地元の方々はそのお墓を「菅公夫人の墓」と呼び、称え祀って来た

との事です。

山間の静かな場所にお鎮まりになるそのお墓は菅原道真公北の方、吉祥女の墓とされ

菅公の霊廟たる太宰府天満宮は広く世に知られるものの、北の方のお墓とされる所は

近年まで多く知られるところでは在りませんでした。

10数年前に、文化財保護とまちづくりの事業の一環として、この「菅公夫人の墓」

周辺で、平安の香り漂う「東風(こち)の里」づくり構想が持ち上がり、立派に整備

されると共に広く世に知れ渡ることとなったようです。

平成17年だったと思いますが、吉祥女1100年御神忌祭が太宰府天満宮様の神職

によってご奉仕され、当社宮司も御招待に与り参列いたしました。

吉祥女霊廟は気仙沼から40キロほど、車で一時間といったところ、菅公に奉仕する

身として是非ともお参りせねばと思いつつも・・・

今日何故かふと思い立ち、お参りしたい思いが強くなり、午後に行ってまいりました。

DSC00221[1] DSC00223[1]

DSC00222[1] DSC00225[1]

 

DSC00224[1] DSC00226[1]

宮司から聞いてはおりましたが、周囲も立派に整備され、「お墓」は吉祥天神様

として祀られているようです。

DSC00231[1] DSC00227[1]

御立派な殿に祀られ、今では地域の方のみならず多くの方々がおまいりになられ

ているようです。

DSC00228[1] DSC00229[1]

DSC00230[1]

著名な天神様から梅ノ木が贈られ植樹されておりました。

DSC00232[1]

この建物は何だと思います?お手洗いです。すごいですね。

DSC00235[1] DSC00233[1]

参拝者を迎える大看板。橋柵の梅の花もカワイイです。

以上、今日は「菅公夫人のお墓」吉祥天神さまを御紹介させていただきました。

私もお参りできて感激でした。是非皆さもお参りください。

住所は岩手県一関市東山町田河津字竹沢です。東北自動車道一ノ関ICから車で4、

50分位でしょうか。

 

 

 

Page 7 of 75« First...56789...203040...Last »